今から始められる!【簡単】水を飲むデトックス方とは?

デトックス

スタイルの良い美しい女性ほど、デトックスに力を入れていたりしますよね。実は、美と健康を手に入れるには、毒素の排出が必要不可欠といっても良いのです。この毒素が溜まると、様々な弊害を引き起こし私たちを苦しめます。
そこで、今回は水によるデトックスについてご紹介したいと思います。

デトックス(detox)とは?

解毒(detoxification)という英語を短縮した形で、体内に溜まっている老廃物や毒素などを排出させることを言います。

毒素には、食品添加物・農薬・排気ガス・タバコの煙・ダイオキシンなど、様々なものが含まれます。これらを、食事や呼吸によって体内に取り込んでしまうのです。また、便秘の人は宿便から有毒ガスも発生していまいます。
人間は、もともとこの体内に取り込んでしまった毒素を排出する力を備えています。しかし、毒素の取り込みすぎや排出力の低下などにより、体外にうまく排出しきれず毒素が溜まることがあります。

上手く排出されず、体内に蓄積された毒素は様々な弊害を引き起こします。

毒素が溜まるとどうなる?

毒素が体内に溜まると、どんな弊害が引き起こされるのでしょうか?

*頭痛
*吐き気
*疲労感
*肩こり
*便秘
*冷え/むくみ
*肌荒れ
*太りやすい など

美容・健康の両面で、毒素は弊害を引き起こします。
また、この毒素は歳を重ねるほど多く蓄積されていき、怖い病気の引き金となることも少なくありません。今は、まだ上記の症状の範囲内であっても、毒素を放っておくと将来的に怖い病気になる可能性も高まるので、注意する必要があります。

 

水を飲むことで得られる効果

水を飲むという簡単すぎるデトックス法ですが、他にも得られる効果があります。

*代謝アップ
*血液サラサラ
*リンパの流れ改善
*むくみ解消
*老廃物など毒素を排出(デトックス)
*汗をかく(デトックス)

など、水を飲むことで得られる効果はデトックスに留まりません。

関連記事
骨盤底筋を鍛えて便秘改善!おすすめかんたん体操!
毒素を排出!デトックス効果のあるおすすめ食材3つ
便秘改善体操おすすめ4選!お腹すっきり!

デトックスの為に飲む水は何でも良いの?

水と一言にいっても、ミネラルウォーターであれば軟水・硬水とありますし、水道水もありますよね。水であれば、何でも良いのかといえば、そうではありません。
デトックス効果を得るためには、デトックスに適した水を飲むことも大切です。

*水道水はNG
殺菌のために使われるカルキ(塩素)が、毒素となって体内に溜まってしまいます。水道水を飲んで、デトックスしていくというのはおすすめしません。

*軟水・硬水であればどちらが良い?
ミネラルウォーターは大きく2種類、軟水・硬水に分けられます。水の中に含有されるミネラル(カルシウム・マグネシウム)の濃度によって、軟水と硬水とに分類されているのです。

軟水・硬水⇒ミネラルの濃度で分類
軟水・・・硬度120ml未満
硬水・・・硬度120ml以上

このように、ミネラル分の濃度によって軟水・硬水が分類されています。
結論からいうと、デトックスパワーが強いのは硬水です。マグネシウムは、便秘の人のお薬にも用いられていますよね。そのマグネシウムの濃度も硬水の方が高く、便秘の改善が期待できます。また、体内に溜まっている有害な金属の排出を助ける作用もあります。

但し、日本ではほとんどといっていいほど、軟水が主流です。軟水は、口当たりが軽く飲みやすいのに比べ、硬水は重い口当たりで飲みづらいというデメリットがあります。軟水に慣れている日本人には、飲みづらく胃腸への負担も掛かりやすくなります。

中には、便秘改善というよりお腹を壊しているような状態になる人もいますので、合わないようであれば軟水を飲んでデトックスしていきましょう。飲みづらく、お腹を壊すようであれば、継続するのも困難なので、必ず硬水を飲まなくてはいけないわけではありません。

 

お水を飲むだけ!簡単デトックス法のやり方

では、実際にどのようにお水を飲んでいくかをご説明いたします。やる事は、水を飲むだけですが、いくつかデトックスする上でポイントがあるので覚えておいてくださいね。

*1日のお水の摂取量目安
体重 (kg) ×約32倍=1日の水分摂取の目安量

あくまで、目安なので正確に計算する必要はありません。
自分の体重で、ざっと計算してみてください。

*10回(150~200ccずつ)ほどに分けて飲む
決して、一気にグビグビ飲まないようにしてください。小分けして飲むことに、意味があります。

 

*キンキンに冷やさない!できれば常温の水
冷えた水は、胃や腸に負担が掛かります。体の冷えも招くので、常温の水を飲むことをおすすめします。但し、朝起きた時だけは冷たい水でも良いでしょう。
冷たい水が、腸を刺激してお通じを促してくれます。

 

*飲むタイミングを決める
普段こまめにお水を摂取する機会がない人は、意識しないと必要な量を摂取できないでしょう。飲むタイミングをある程度決めておくと、スムーズに摂取できるようになります。
入浴時は、汗をかくので脱水状態になりやすいです。血液がドロドロ化してしまうと、巡りが悪くなるので、入浴前の1杯は忘れないようにしましょう。

 

水分であれば水でなくてもOKなの?

ここで、気になるのが水分ならOKなのでは?ということですよね。
普段飲んでいる紅茶や珈琲ではだめなのでしょうか?

紅茶・珈琲などには、利尿作用があるカフェインが含まれています、尿としてでてしまっては、意味がありません。また、ジュースなども糖分の摂りすぎにある可能性もあるので、デトックスする目的で飲む水分は、水に限ります。

 

《まとめ》

人間は、生活しているだけで毒素を溜め込んでしまいます。デトックス機能は、体に備わっていてもそれがうまく処理していかなくなれば、当然体にも不調を来します。若いうちは、まだ少しの不調で済んでいても、歳を重ねるごとに毒素は蓄積し、怖い病気を招く恐れもあります。
特に便秘の方は、毒素が溜まりやすいので水でのデトックスは最適です。お水を飲むだけというのは、今日からでも始められる簡単デトックス法です。美と健康を取り入れるために、ぜひ実践してみてください。

我慢していませんか?
八王子さわい整体院

なかなか改善しないお身体のお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。