猫背の原因は?2つの猫背改善ストレッチで背筋まっすぐに!

ストレッチ

もともと日本人は、猫背になりやすい体型だといわれています。日本人の体型は、平たく横に広がっていて厚みがないことから、背中やお尻、太もも後ろの筋肉が発達しにくいのです。つまり、背中を支える筋力が、もともと弱いということでもあり、猫背になりやすいといえます。
もともと猫背になりやすい体型に、現代のライフスタイルが加わり、さらに猫背になる人が増えたというのが現状です。

猫背になる2大原因

・長時間のスマホ、PCの使用
現代の猫背の原因として、最も大きなものがといえます。今や多くの人が当たり前のように使用しているスマホ・PCですが、その使用時の姿勢が猫背の原因となります。
画面を見ているとき、どうしても前屈み・肩が内側に入りがちですね。使用時に背中が丸まってしまうのです。
この姿勢で長時間いることで、肩凝りになり、背中が丸める癖がつき、固まった結果「猫背」の状態になってしまうのです。
・運動不足/筋力低下
背筋をまっすぐ保つには、筋力と柔軟性、体力が必要です。運動不足により、筋力低下し、血流が悪くなると凝り固まり柔軟性が低下します。そうすると、背中を支えられなくなるのです。
猫背になるということは、それだけ筋力が衰えているという証拠でもあります。

正しい姿勢の確認法

猫背を気にして、意識的な背筋を伸ばしている人も多いですよね。ですが、その姿勢、本当に背筋がまっすぐの正しい姿勢ですか?まっすぐに保つと疲れるという方、間違った姿勢で無駄に疲れているかもしれません。
簡単に正しい姿勢を確認する方法がありますので、一度ご確認くださいね。
・床に膝をついて、「膝立ち」してください
その状態が正しい姿勢です。
下半身が安定することで、自然と背筋がまっすぐの状態になります。まず、この感覚を覚えてください。
この正しい姿勢の場合、体は疲れません。疲れるという方は、膝立ちをして再度正しい姿勢の感覚を確認しましょう。

良い姿勢とは?間違った認識を改めよう!

2017.04.22

猫背改善ストレッチ

【肩甲骨をほぐすストレッチ】

1. 足を肩幅程度に開き、両腕を上に伸ばし手のひらを頭上で合わせる
※背筋はまっすぐの状態で、目線は前を向きましょう

2.手のひら外側に向けながら、徐々に肘を曲げてゆっくり耳くらいの高さまで下げる

3.両肘を背中側で引き寄せるようにして、肩甲骨をぎゅーっと寄せていく

4.これを5回程度繰り返す
※凝り固まった筋肉をほぐします
ゆっくり動かすことで、肩甲骨周りの筋肉の柔軟性が増します。

しぶとい肩こりもすっきり!自分でできるおすすめ筋膜リリース4選

2017.08.01

肩甲骨のコリを改善するおすすめの方法と生活習慣

2017.02.21

肩こり解消!リンパマッサージのやり方とコツ

2017.02.02

【胸・肋骨を開くストレッチ】

1. 足を肩幅程度に開いて、両手を後ろ手(背中側)で組む
2. 組んだ手を後ろに引っ張るイメージで、肩甲骨を近づけるようにする

※肩甲骨を近づけ、へそと胸の間を広げ胸を張る(突き出す)ようなイメージ

3. 後ろに引っ張った状態で20秒ほど維持

4.3回ほど繰り返す
1日2~3セットするようにしましょう。
デスクワークなどで、凝り固まりやすい方はもう少し頻度を増やしましょう。
肩など、痛みが伴う場合は決して無理をしないようにしてくださいね。

猫背で肩・肩甲骨周りがひどく凝り固まっている方・痛みが伴う方は整体などで、まずは症状の緩和をしていくのも一つです。整体で歪みを矯正し、凝り固まった筋肉もほぐしてもらいましょう。その上で、日ごろの姿勢やストレッチで猫背改善に繋げると効率的といえます。

肩こり・肩甲骨のこりへのさわい整体院の施術ページです。

 

≪まとめ≫

猫背になりやすい体型の日本人ですが、筋力と柔軟性をもってすれば正しい姿勢は保てます。猫背は、人の印象も大きく変えてしまいます。人から見ると、自分が思っている以上に背中が丸くなっている人も多く、暗く疲れた印象に見えます。女性は、猫背改善がバストアップにもなりますから、ぜひ実践してみてくださいね。

我慢していませんか?
八王子さわい整体院

なかなか改善しないお身体のお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。