坐骨神経痛かも?!足腰のしびれ・痛みがある人はチェック

坐骨神経痛の女性健康

足腰のしびれ・痛みがあると、動くたびに憂鬱になりますよね。

気になるけど、ごまかしごまかしで生活している人も少なくないでしょう。
そのしびれや痛みは、坐骨神経痛化もしれません。

実は、坐骨神経痛を放置していると大変なことになる危険性があるのです。

将来のためにも放置せず、改善していくことが大切です。

今回は、この坐骨神経痛についてご説明したいと思います。

まずは、坐骨神経痛について知ることから始めてみましょう。

坐骨神経痛とは?

人間の体の中で、腰付近から足先にまで伸びる一番太く長い末梢神経を坐骨神経といいます。

坐骨神経痛とは、この坐骨神経が何らかの原因で刺激・圧迫されることでしびれ・痛みが現れる症状を指します。

※病名ではなく症状の名前

腰・お尻・太もも・ふくらはぎ・足先などに症状がでます。痛み・麻痺がひどくなれば、歩行障害になる恐れもあります。

坐骨神経痛の原因

なぜ坐骨神経痛の症状がでるようになったのか?この原因について知りたい人も多いでしょう。

原因は、多岐に渡り年齢などによっても主な原因は変わります。

では、早速見ていきましょう。

腰椎椎間板ヘルニア
読み方:ようついついかんばん ヘルニア
若い方の坐骨神経痛の原因に多いのが、腰椎椎間板ヘルニアによるもの。
腰椎の椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割をしている部分が飛び出す病気ですが、この飛び出しにより神経を圧迫し、坐骨神経痛が生じます。

脊柱管狭窄症
読み方:ようぶせきちゅうかんきょうさく
高齢者の坐骨神経痛の原因に多いです。
腰部脊柱管狭窄は、腰付近にある脊柱管が老化などにより狭くなることで、神経の圧迫が起きます。この神経の圧迫により、坐骨神経痛の症状が現れるのです。
※脊柱管=神経が通っている背骨の隙間

変形性腰椎症
読み方:へんけいせいようついしょう
腰椎が変形し、神経を圧迫することで足腰にしびれや痛みが生じます。
加齢であったり、長時間の同じ姿勢・運動による負担のかかりすぎによって引き起こされます。

梨状筋症候群
読み方:りじょうきんしょうこうぐん
お尻には、坐骨神経の下に梨状筋という筋肉があります。この筋肉が打撲などのケガやスポーツによる負荷のかかりすぎなどにより、下にある坐骨神経を圧迫することが原因でしびれ・痛みが生じます。

帯状疱疹
ウイルスが、坐骨神経に入り感染してしまうと、炎症が起き神経を圧迫することもあります。

糖尿病
糖尿病の合併症である神経障害などにより、坐骨神経にも影響を受けることがあります。

などが挙げられます。ですが、これは坐骨神経痛の原因のすべてではありません。また、原因がはっきり特定できないケースもあります。

坐骨神経痛の症状

*腰・お尻・太もも・ふくらはぎなどにしびれや痛み
*腰から足先にかけて広範囲にしびれがある
*動くと余計にしびれや痛みが強くなる
*足に力が入らない
*触った感覚に違和感がある
*じっとしていても痛い
*お尻が冷えて硬くなったような感じ
*お尻の痛みが強く座っていられない/立っていられない
*足の痛みが強く、歩行が困難
*痛みの影響で歩き方が変になる
*全身を動かすと足の痛みが強くなる
*トイレで座っているのが辛く、排尿・排便に支障が出る
*腰痛とは別の部位にしびれがある

このように症状は多岐にわたります。

他にも症状はありますが、上記に当てはまる方は坐骨神経痛の症状かもしれません。

しびれ・痛みが強かったり、両方の足に症状が出ている方は医療機関の受診をおすすめします。

坐骨神経痛の改善に向けて気を付けること!

坐骨神経痛がある場合に、日常生活で気を付けることをピックアップしてみました。坐骨神経痛が悪化しないように日常生活で以下の点を気をつけましょう。

*しびれや痛みが強い時は、安静にして過ごす

*長時間の同じ姿勢を避ける
お仕事上、同じ姿勢をとることが多い人は1時間に1度ほど、伸びなどをするようにしましょう。

*重いものを持たない
荷物を持つときは、体の近くに寄せ足をまげて、しゃがむようにして体全体で持ち上げましょう。

*激しい運動はしない

*ダイエット(太っている場合)

*椅子には深く座る
浅く座ると腰への負担が大きくなってしまいます。

*頭が前傾しないように姿勢に気を付ける

どれも何気なくやってしまいがちな行為ですが、日常生活での積み重ねで思っている以上に影響を与えるのです。

坐骨神経痛が悪化しないように、また改善していくためにも気を付けるようにしてください。

坐骨神経痛 ストレッチで改善

しびれや痛みがある場合は、無理をしないようにしましょう。痛みが生じたら、すぐに中断してください。

その1(梨状筋ストレッチ)
仰向けに寝転ぶ
両方の膝を立てる

片方の膝に、反対の足をのせる
立ている膝を手でつかむ
胸の方にその膝を引き寄せる(10秒~30秒ほど)

伸ばす時間は、痛みによって調節しましょう。
決して、無理してはいけません。
※足の外側の付け根が、ぐーっと伸びる感じです。

その2(ふくらはぎを伸ばすストレッチ)
片膝立てて、片方は正座の形になる
ぐーっと体を前に倒す

左右の足をかえて、各10秒ほどかけて伸ばしましょう。

その3(腸腰筋 “足の付け根にある筋肉”のストレッチ)
真っすぐに立った状態から、片足を大きめに後ろに引く
そのまま、腰を下げていく
→前になってる足に手をつき、上体が前傾しないように安定させましょう
3.10秒ほどかけて伸ばしましょう
※慣れてくれば徐々に秒数を増やして30秒を目標にしてください。

3つのストレッチをご紹介しましたが、痛みが強かったり、ストレッチ中に痛みが生じた場合は中断しましょう。

一言に坐骨神経痛といっても、原因となっている病気も様々です。

ストレッチは、血液の循環も促せますし、筋肉などの柔軟性も高められるので健康上にも良いものです。

ですが、痛みがある場合は、一度整体院などで自分にあったストレッチの方法などをアドバイスしてもらってから実践したほうが効率的です。

症状に合ったストレッチのアドバイスや注意点も教えてもらえるでしょう。

ストレッチの際の注意点

ストレッチは、血流がよくなっているお風呂上りの実践をおすすめします。

坐骨神経痛にかぎらず、体が硬くなっていて伸ばす際に痛みがある場合も、無理して伸ばすのはやめましょう。

筋肉などを逆に傷めてしまう可能性があります。

気持ち良い(少し痛い)と感じるくらいの状態が理想的です。

ストレッチの最中は、ゆっくり呼吸し、呼吸を安定させて行いましょう。

また、体勢を戻す際もゆっくりした動きを意識するようにしてください。

《まとめ》

坐骨神経痛は、放置していると歩行障害などに陥り、ひどくなると最終的に寝たきりになってしまう可能性もあります。

ですから、早い段階でケアしていくことがとても大切なのです。

日常生活で気を付けることはもちろんですが、ストレッチなどの実践で継続的なケアを心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました