自律神経の乱れ改善!ココロもカラダも健康に!

自律神経を整える

自律神経が乱れは、美の敵といってもいいほど美容に大きな影響を及ぼします。キレイなカラダを手に入れたいなら自律神経を侮ってはいけません。ですが、よく耳にしていてもなんかよくわからないのが自律神経です。そんな自律神経をわかりやすく説明したうえで、キレイなカラダを手に入れるために必要な日常生活でのポイントをご紹介したいと思います。

自律神経ってなに?

聞いたことがある人が、ほとんどでしょうがそれが何なのかということまで知っている人は案外少ないのかもしれません。

自律神経とは、脈拍・血液の循環・消化活動・体温調節など、人が生きていく上で必要な活動をつかさどっている神経のこと。
昼間など活動している時・ストレスや緊張が生じるときに働く交感神経、リラックス・睡眠時に働く副交感神経の2種類によって成り立っています。
この2つが、交互に働き健康な生活、キレイを維持しています。

自律神経の乱れは4つのストレスから

自律神経は、ストレスによって乱れます。そのストレスは、誰にでも起こりうるもので4つの種類に分けられます。

・精神的なものによるストレス
・構造的なストレス(体の歪みなど)
・栄養不足・偏り/化学物質によるストレス
・温度・湿度の変化などによるストレス

自律神経の乱れを改善!日常生活で意識すること

自律神経が乱れるのは、ストレスによって副交感神経がちゃんと働かなくなるため、つまり本来リラックスするときにリラックスできない状態に陥るからです。そのため、副交感神経がうまく働くように、スイッチが入りやすくすることが大切です。

自律神経の乱れを改善するには、日常生活で意識するポイントがいくつかありますので、ポイントを抑えて、キレイを目指していきましょう。

*食物繊維
食物繊維をしっかり摂ることで、副交感神経の働きを促すことができます。
食べている時間=胃腸が活動する時間は、副交感神経が働く時間です。ですので、食べ物が長く腸内にいるほど副交感神経の働きは促されます。このことから、消化されるのが遅い食物繊維の摂取は、副交感神経の働きを促せます。食物繊維を多く含む食べ物として、玄米・もち麦・きのこ類・海藻類などがおすすめです。

関連記事 
自律神経を整える効果のある3つの栄養素!
自律神経の乱れを感じたらストレッチで改善へ!

*腹式呼吸
呼吸は、息を吸うときに交感神経・吐くときに副交感神経が働くというのを覚えておきましょう。これを知っていると、なぜ腹式呼吸が良いのかがわかりやすいと思います。

腹式呼吸のポイントは、2つ!
・鼻で息を吸う
・口でゆっくりと吐く

1. 力を抜いたリラックスした状態になる

2. お腹を膨らませながら3秒ほどかけて鼻から息を吸う
※この時、肩が上がらないように気をつけます

3. お腹を力を抜くように、ゆっくり6秒ほどかけて口から息を吐く
※空気を吐き切るイメージで6秒以上かけて吐くことを意識する

寝る前に実践すると、良い睡眠を促すことができます。日常生活の合間に取り入れて、リラックスする時間を作るようにしてみてください。
秒数はあくまで目安ですので、あまりこだわらず良い意味で適当にやりましょう。

*マッサージ・ストレッチ
自律神経が乱れていると、血流も悪くなります。マッサージやストレッチで、体をほぐして筋肉のコリや緊張状態を解いてあげましょう。
コリ固まっている人は、整体院などでじっくりほぐしてもらうことで体も軽くなり、リラックス効果も得られます。もちろんその後、自分でマッサージやストレッチを継続するようにしてくださいね。

*ストレス発散 笑うこと・泣くこと!
笑うことは、リラックス効果が得られ自律神経の乱れ改善に有効とされています。お笑いなど好きな番組をみたりして、笑う機会を持ちましょう。
ですが、いつもいつも面白い番組があるわけではない気も・・・。そんな場合は、作り笑いでもOK!
作り笑いでも、リラックス効果が得られることが確認されていますよ。人がいるとさすがに不自然でやりにくいかもしれませんので、一人の時にやってみましょう。

そして、泣くことにもリラックス効果があります。泣いた後、なんだか気持ちがすっきりした感じがしますよね?まさにリラックス効果を得られている証拠です。泣くことで感情を吐き出している状態になるのです。ドラマを見て泣いたりするのも、良いでしょう。

*良い姿勢を心掛ける
体の歪みは、自律神経の乱れの原因になります。スマホやパソコンを操作する際は、頭が前傾姿勢になりがちで猫背やストレートネックに繋がります。意識して、良い姿勢を保つようにしましょう。
そして、座ったら自然と脚を組んでしまうという方も、体の歪みにつながるので気を付けるようにしてください。脚を組んでいる方が楽という方は、すでに歪みが生じている証拠でもあります。整体院などで歪みを矯正してもらうのも、選択肢に入れてみてくださいね。

関連記事 猫背の原因は?2つの猫背改善ストレッチで背筋まっすぐに!

自律神経を整える!NG行為 は?

副交感神経の働きを促す場合に、NG行為となることを確認しておきましょう。

*シャワーだけで済ます/熱すぎるお湯
シャワーだけで済ましたり、熱すぎるお湯に浸かるのは交感神経の刺激に繋がります。副交感神経の働きを促すには、37℃~39℃で少しぬるめと感じるくらいのお湯に浸かりましょう。

*寝る前のスマホいじり
現代人の必須アイテムとも言えるスマホ・パソコンの画面からは、ブルーライトが発せられています。使っている私たちは、そこまで強烈な光と思ってなくても体に与える影響は大きいのです。このブルーライトは、自律神経を刺激してしまうので、寝る前にスマホをいじっていると副交感神経の働きを阻害してしまいますので、やめておきましょう。
※目安として寝る1時間前には使用を控えてください

関連記事 眼精疲労は放置すると大変なことに?!おすすめ改善策5選

*カフェインの摂取
カフェインは、交感神経を刺激してしまうので控えましょう。ただでさえ、疲れた状態なのに余計なエネルギー消耗に繋がります。
コーヒー・栄養ドリンク・ココア・紅茶など、カフェインが多いものはできるだけ避けるようにしてください。中にはノンカフェインのものもありますので、切り替えてみてはいかがでしょうか。

《まとめ》

自律神経の乱れは、体の不調だけでなく、メンタル面・お肌の調子にも影響します。キレイになりたいと思うなら、自律神経の存在を決して無視してはいけません。日常生活のちょっとしたことで自律神経を整える糸口にも、乱れの原因にもなります。日々の生活で気を付けられるかどうかが、美を手に入れるポイントです。ぜひ、意識して取り入れてみてくださいね。

我慢していませんか?
八王子さわい整体院

なかなか改善しないお身体のお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。